FC2ブログ

《BIG4監査法人系FAS》フォレンジック&クライシスマネジメント(不正調査・危機対応支援等)

《求人企業》
監査法人系FAS 

《ポジション》
フォレンジック&クライシスマネジメント(不正調査・危機対応支援等)



《仕事内容》
昨今の国内外におけるコンプライアンス意識の高まりを背景に、会社の根幹を揺るがす不正・不祥事が頻発しています。当社はそのような有事(クライシス)において、発生時だけでなく、事前・事後のサポートを含め、危機に瀕した企業を一貫して支援します。

■発生時対応-Response
<危機対策支援>
不正・不祥事に対する対策本部の組成・運用を支援する業務。各種トラブルの解決案の提案及び実行支援、顧客、マスコミ、監督官庁、株主、金融機関、監査人等の企業内外の多くのステークホルダーとのコミュニケーション支援等が含まれる。

<不正調査>
会計不正や贈収賄等の企業不正を調査する業務。社内特別調査委員会や独立した第三者調査委員会が会社から委嘱を受けて実施される。会計専門家として事実・情報分析を行い、弁護士等の他専門家とともに調査報告書をとりまとめる。海外子会社が対象となることも多く、デロイトのメンバーファームと連携して実施する。

■事後対応-Recovery
<内部統制再構築・導入・定着化支援>
不正調査の過程で把握された不正発生原因を踏まえ、再発を防止するため内部統制の再構築及びその導入・定着化までを支援する業務。業務オペレーションだけでなく、ガバナンスのあり方、組織風土、情報システムなど幅広い領域を扱う。

■事前予防-Readiness
<不正リスクマネジメント>
有事に陥る以前の平時において、リスクを診断・評価し、予防策のアドバイス、構築を支援する業務。データアナリティクスを用いた不正の早期発見や、リモートでの不正監査などテクノロジーの導入が進んできている。

一貫して支援する業態を反映して、幅広い業務機会を提供することができます。不正・不祥事対応はCXOクラスが陣頭指揮をとることが多いため、他にはない経験を積むことができます。


《応募資格》
想定年齢25歳~45歳(長期勤続によるキャリア形成のため)


業務領域の拡大に伴い、以下の4つの分野の方を募集します。

1. 会計士
-公認会計士またはUSCPAの資格をお持ちの方(必須。科目合格も応相談)
-監査業務経験3年以上(できれば)
-英語力は問わない
-事業会社経験があれば、なお可

2. コンサルタント
-コンサルティング業務経験3年以上
(業務系、リスクマネジメント系、データ分析系、FAS系等)
-英語力は問わない
-事業会社経験があれば、なお可

3. 海外駐在・管理系業務経験者
-海外駐在経験3年以上
-または、管理系業務(経理、経営企画、内部監査等)の経験
-英語力必須

4. データサイエンティスト
-データ関連業務経験3年以上
(データベース構築、ビッグデータ分析、機械学習、ビジュアリゼーション等)
-プログラミング能力(SQL、SAS、R、Python等)
-英語力は問わない

【学歴】
大学卒以上


《勤務地》
 東京

《雇用形態》
正社員

《勤務時間》
9:30-17:30

《給与・待遇》 
規定により優遇

《会社概要》
BIG4監査法人系FAS

この求人にご関心をお持ちの方はこちらから

メガバンク、地銀、外資系銀行への無料転職相談をご希望の方はこちらから

証券・銀行・アセットマネジメント・生保・コンサルの求人はこちらから

オフィシャル・ホームページへ戻る

スポンサーサイト



最新記事
月別アーカイブ