FC2ブログ

《監査法人系FAS》気候ファイナンスアドバイザリー

監査法人系FAS

《ポジション》
気候ファイナンスアドバイザリー)


《仕事内容》
気候ファイナンスアドバイザリー(Climate Finance Advisory)は、気候変動対策を中心としたプロジェクトを通じ、国内外において、開発途上国の気候変動戦略支援、気候変動対策投資戦略、事業発掘等において、民間クライアントと公共クライアントの双方に対する複合的なアドバイザリーサービスです。本チームは、エネルギー、農業、交通・運搬、インフラ等に亘る気候変動アドバイザリーを提供しています。

国内の官公庁のみならず、国際機関や海外政府、民間セクターが主なクライアントとなります。

<主なサービス例>
・ 案件発掘、組成、F/S、資金調達支援
・ 気候変動対策における民間セクターの参画推進
・ 戦略作成支援等の調査
・ 開発途上国への技術協力(Access to climate finance)
・ 気候変動・ESGに関わる投融資のアドバイザリー


《応募資格》
想定年齢25~48歳(長期勤続によるキャリア形成のため)

<必須>
以下のいずれかの業務経験やスキルがあること

・コンサルティングファーム、シンクタンク、金融機関等における市場調査、プロジェクトマネジメント、コンサルティング、投資アドバイスに係る業務経験
・気候変動対策での調査や投融資に関するアドバイザリー経験
・官公庁(JICA、環境省、経済産業省)及び国際機関との業務経験(気候ファイナンス、気候変動対策)
・発展途上国政府へのアドバイザリー経験
・国際開発を含む国際プロジェクトでの業務経験
・GCF、CTCN、UNFCCC等に関連する業務経験
・COP等、大規模イベントでのスピーカー経験
・上級ビジネスレベル以上の英語力があること


《勤務地》
東京

《年収》
経験・能力を考慮の上、規定により優遇

 
《会社概要》
監査法人系FAS


この求人にご関心をお持ちの方はこちらから

メガバンク、地銀、外資系銀行への無料転職相談をご希望の方はこちらから

証券・銀行・アセットマネジメント・生保・コンサルの求人はこちらから

オフィシャル・ホームページへ戻る

スポンサーサイト



最新記事
月別アーカイブ